扇子屋のラーメン記 ~「ラーメン荘 夢を語れ」編~

この記事は1分で読めます

なんだかんだで更新率の高いこのラーメン記。
どんだけラーメン食べてるんやって話ですね。。
さあ、今回は京都のラーメン激戦区の代表・一乗寺にて人気店の座を保ち続け、私五代目山武の本命中の本命のラーメン屋「ラーメン荘夢を語れ」であります。
こちらのお店はいわゆる二郎インスパイア系というジャンルに入りまして、東京の超有名店「ラーメン二郎」に触発されたスタイルになりますね。
ちなみに、このラーメン荘系列は他にも何店舗かありまして(アメリカにも支店があります!)「地球規模で考えろ」や「歴史を刻め」等々どこも面白い店名ばかりですね。

 

特徴は何と言っても超大盛の山のような盛り付け。
麺は極太で標準量が300g。そしてその上にトッピングされるのは分厚いチャーシュー(ブタ)と大量のモヤシ(ヤサイ)にギトギトの背油(アブラ)。そして極め付けにこれまた大量の刻み生ニンニク。

というような超高カロリーのパンチ系ラーメンでして、人によってはかなりの嫌悪感を抱きそうなシロモノでありますが(笑)、麺も具も背油も増減ができますのでご安心下さい。

 

一応、ダイエットを標榜している私としましては(説得力皆無ですが)、この超高カロリーのラーメンはそんなに頻繁に食べられませんので今回は久しぶりの来訪となりました。

 

期待を胸に店舗に到着するも、さすが人気店だけあってなかなかの行列でした。
やはりお腹を空かせた男子学生がメインの客層ですね。
しかし、この待つ時間も期待を増幅させるものとしてオツなものなんです。

 

そして30分ほど待ってやっと待望のラーメンにありつけました。

IMG_2029

(ヤサイちょいマシ、アブラカラメ)
ヤサイやブタがたっぷりで麺が見えないですね笑
しかしこれで標準の値段の730円!安い!

いや~、やはり最高に美味しかったです。
相当な空腹だったのですが、完全に満腹になりました!
しかしこれを食べた後は食べ過ぎの苦しみに耐えねばなりませんが・・・笑

 

うーん、また近いうち行きたいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事