カテゴリー:飾り扇子

  1. 令和ブームに乗っかりまして(笑)、限定数わずかではありますが新元号扇子が完成しました。 裏面は令和の引用元となった万葉集の和歌です。 全て手書きとなっております。 梅の墨絵が粋な…

  2. いよいよ桜が咲き始めました。 うちから最も近い桜の木は元生祥幼稚園の桜ですが、こちらはまだまだ一分?二分?咲きくらいでした。 これからしばらくは色々なところで桜が見られるのが嬉しいですね。 桜の…

  3. 手描きの兜の飾り扇子。裏は菖蒲でございます。 小(7寸5分)、大(9寸5分)ともに金箔地に一本一本手描きにて絵付けされており、高級感があります。 それぞれ絵の雰囲気に違いがあります。 初節句の贈り物に喜ばれ…

  4. そろそろ梅が見られる頃でしょうか。まだ春の足音は聞こえてきませんね。 飾り扇子 金モミ地 紅梅 / 竹 手描き 9寸5分 黒ケシ塗 裏面は竹です。 飾り扇子・金モミ地・紅梅…

  5. ここ数日はすっかり寒くなって参りまして、いよいよ来年の事を言っても鬼が笑わない時期になってきたのではないでしょうか。 というわけで、来年(平成30年・2018年)の干支扇子が仕上がりました。 来年は戌…

  6. 新作飾り扇子がネットショップに追加されましたのでご紹介致します。 飾り扇子としては定番の柄である、紅葉です。 紅葉はやはり秋の象徴という感じですね。 真っ赤に色付いた紅葉は本当に綺麗です。 …

  7. いよいよ秋も深まってくる時節となって参りました。 今回は秋らしい飾り扇子二種のご紹介です。 まずは、モミジに並び、紅葉の季節を象徴する銀杏(イチョウ)の飾り扇子…

  8. 連日残暑が非常に厳しいですが、二十四節気で言うと立秋、処暑も過ぎまして暦の上ではすっかりと秋です。 夏が終わるのはどことなく寂しいものですが、過ごしやすく日本らしい情緒や風景が楽しめる秋がやってくるのも楽し…

  9. 飾り扇子(カワホリ)金色地・立雛

    五節句のひとつである桃の節句、いわゆる雛祭(ひなまつり)りにオススメの飾り扇子を今回はご紹介いたします。 雛祭りといえば3月3日というのが決まっていますが、京都では旧暦にならって4月にひな祭…

  10. 本日からいよいよ12月に入りましたね! 本当に早いもので今年もあとひと月です。 今年のうちにやらねばならない事、しっかりやりつつ本格的に寒くなってきたこの気温を無事乗り切って元気に来年を迎えたいと思っ…

RETURN TOP