二泊三日弾丸マカオ旅行

この記事は2分で読めます

3/2〜3/4にかけて、京都扇子団扇商工協同組合青年部の40周年記念研修旅行として、マカオに行って参りました。

私個人としましては初めての海外旅行でわからぬ事だらけで戸惑いの連続でありましたが、独特の国の雰囲気と香りを楽しんできました。

 

世界遺産・聖ポール天主堂近くの路上にて佇むわたくし

 

到着直後のマカオの雰囲気。大気汚染がひどいらしく、モヤがかかっておりなんとも怪しい雰囲気。

 

宿泊先のホテル・ゴールデンドラゴン。派手ですな。

 

いかにも中華圏らしい建物。香港的なイメージでしょうか。

 

夜の街はいかにもな様子。

 

マカオ最大級のショッピングモール・ベネチアン は建物内に青空が広がっておりました。とにかく規模がでかい。

 

世界遺産・聖ポール天主堂を遠目から。この辺りは京都でいう清水寺的な観光地の雰囲気。スリが多発するそう。

 

まさに、清水寺よろしくの賑やかさ。すごい人出でした。

 

世田谷区の半分の面積という小さな国のマカオですがとにかく世界遺産がやたらある。この地面すら世界遺産に登録されているそう。

 

繁華街に突如現れるやたらゴージャスなホテル。(カジノやったかも)

 

今回の旅行メンバー。青年部&OBの皆様と記念撮影

 

そしてマカオでの食事。

食いしん坊の私がやはり楽しみにしていたのはマカオでの食事。

初めて食べる現地の料理はなかなか口に合わないものから劇的に美味しいものまで様々でした。

いずれにせよ、不思議なスパイスのような香草ような香りの料理が総じて多かったです。

そして麺がどれも独特の食感というか、細麺でボソボソした感じのものが多くて日本との違いを最も感じました。

 

この旅中間違いないNo. 1の美味しさだった、ポルトガル料理レストラン・Litoralの蟹のカレー煮込み。カレーが日本ではなかなか無い味付けながら、抜群に美味しい。

 

行きの飛行機(マカオ航空)の機内食。メニュー表にはすき焼き風と書いてあったが、すき焼きというよりは肉じゃが的な味わいでした。

 

海立方っていうカジノの建物内の中華屋のかた焼きそば。麺は細めでボソボソしてる。

同じ店のエビとカシューナッツ炒め。美味しかった!

 

ホテルの朝食ビュッフェにて食べた謎の麺。これもそうめんくらいの細麺で味はほぼ無い。酢醤油みたいなタレをかけて食べる。

 

これまた朝食ビュッフェのお粥。ザーサイとパン?をトッピングしたらこりゃうまい!

 

マカオ最大級のショッピングモール・ベネチアン内のフードコートで食べた謎の麺料理。この旅において一番口に合わぬお味と食感でした。日本ではまず味わえない味という意味では貴重な体験!

 

マカオのエッグタルトは有名らしい。卵感強めで美味しかった。

 

上の蟹カレーと同じLitoralのアフリカンチキン。これも美味しかった。

 

帰りの飛行機の機内食。謎の牛肉料理。ザ・マカオな味付けでした。左上のポテトサラダは妙に美味しかった。

 

帰国後、京都タワーサンドで食べたかつくらのトンカツ。やっぱり日本の食事が最高!と感じました。

 

初めての海外旅行となりましたマカオ旅。

海外の独特のスケール感や空気感に圧倒され戸惑うことも多々ありましたが、やはり貴重な体験となりました。

行ってよかったです!次は欧米に行ってみたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

このブログについて

京都で創業百余年の扇子専門店である山武扇舗によるブログです。

山武扇舗では、舞扇子、夏扇、飾り扇、祝儀扇など、あらゆる種類の京都製扇子を製造しており、京都市中京区の店舗や、通販サイトで販売しております。

>山武扇舗の通販サイトへ

>山武扇舗の紹介

>お問い合わせ

Facebookもチェック